×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バーバリーのコート|ブルーレーベルって

バーバリー(BURBERRY)はイギリスを代表するファッションブランドの一つで、マフラーやハンカチなどに使われている、バーバリーチェックはあまりにも有名ですね。このバーバリーがコートを発表したのは1924年だと言います。それ以来、バーバリーのコートは全世界に広まり、トレンチコート・ステンカラーコートの代名詞となりました。


「バーバリーブルーレーベル」「ブラックレーベル」というブランド名を聞いたことはありますか?これは、バーバリーよりライセンスを受けた三陽商会が、バーバリーの伝統にトレンドを融合させた品のある、モダン・クラシックなスタイルを提案するという新しいブランドとして立ち上げたものです。バーバリーは、イギリスのブランドですが、この「ブルーレーベル」「ブラックレーベル」は日本製になります。日本生まれのブランドです。この「ブルーレーベル」「ブラックレーベル」は、若い世代を意識したブランドになっています。このブランドのコンセプトは「ジャックリーン・ケネディやオードリーへプバーンが20歳の頃に選ぶ服」だとされています。ですので、販売対象は10代の後半から20代半ばまで…といったところになるようです。

価格も本家と比べるとかなり格安に感じられるでしょう。本物はまだ…という方にも、気軽に買うことができると思います。特にレディースのこのブランドの黒のダッフルコートなどは、とても人気があります。メンズは主に「ブラックレーベル」で販売されています。

今、イギリス本家のバーバリーのコートはなかなか日本では手に入りにくいので、こういった三陽商会の商品もいいと思います。

本家 バーバリーのコート

それでもやはり、本家イギリスのバーバリーのコートが欲しいという方もたくさんいます。海外免税店などでも、バーバリーのコート売り場は大変多くの方でにぎわっています。

日本でバーバリーのコートを購入するなら、はやりネットでの通販になるかもしれません。当然ですが、全てが輸入品になります。価格は、定価よりかなり格安で販売しているところが多いですね。たとえば、ダッフルコートの場合、 輸入元価格126,000円が、86,000円。このくらいの金額で販売されているようです。

日本にある直営店は、やはり三陽商会の「ブルーフレーベル」「ブラックフレーベル」の店舗になるようです。どうしても、イギリスのバーバリーをという方は、やはり輸入品を扱うブランドショップで購入するしかないようです。


powerd by 楽市360
楽天ウェブサービスセンター

バーバリーコートの種類

バーバリーのコートには、有名なトレンチコート(Trench coat)、ダッフルコートなどがあります。トレンチコートはもともと軍用コートとして作られたもの。ダッフルコートはオランダやベルギーなどの漁夫の方が来ていたコートだそうです。

バーバリーの新作コートは、ホームページ(ブルーレーベル・ブラックレーベル)から見ることはできます。バーバリーのスプリングコートは新作がでるとかなりの売れ行きになるようです。ぜひ、チェックしてみて下さい。

バーバリーのコート

バーバリーのコートの正しい選び方。バーバリーのコートの価格や種類、メンズ・レディースの売れ筋商品を紹介します。ダッフル・スプリング・ステンカラー新作など、欲しいのはどれ?

PR



BURBERRYのコート

MENU&関連記事

バーバリーのコート イメージ